TOP > 大川隆法著作 > 公開霊言 > 日本の神々・皇室 > 豊受大神の女性の幸福論

豊受大神の女性の幸福論

・著者
大川隆法
・定価
1,620 円(税込)
・四六判 139頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-575-2
・発刊日
2014-10-23
・在庫
アリ
・発送日目安
1~2営業日後

送料について

数量:
カゴに入れる
欧米的な価値観がすべてではない―――
日本の女性が、
忘れてはいけない「大和の心」。


日本女性の美徳とは? 心の美しさとは?
そして、豊かに幸せに生きる秘訣とは何か?
天照大神、そして伊勢神宮を長きにわたり
外護してこられた女性神からのメッセージ。


■■ 豊受大神の人物紹介 ■■
伊勢神宮の外宮に祀られている神。『古事記』には、和久産巣日神の子と記されている。食物の神であり、五穀豊穣や衣食住を司る女神として信仰されている。雄略天皇が夢のなかで天照大神の教えを受けて、食事の世話をする神として豊受大神を内宮に近い地に迎えたという説がある。


【大学シリーズ NO.65】

目次

まえがき
1 伊勢神宮の外宮に祀られている「豊受大神」を招霊する
2 「女性の幸福論」など、思うことすらなかった
3 伊勢神宮が建立された意味とは
4 「顧客第一主義」ではなく「神様第一主義」
5 食文化から見た「現代人が失ったもの」
6 食べ物と健康、災害との関係について
7 西洋型の個人主義は「劣った考え方」
8 「女性の美徳」とは何か
9 今、「日本神道の教え」が明らかになりつつある
10 転生では「明治維新の揺籃」の役割を果たした
11 豊受大神の霊言を終えて
あとがき

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

数量:
カゴに入れる