TOP>セレクション>日本の不況を吹き飛ばす10冊。
セレクション

日本の不況を吹き飛ばす10冊。

日本の不況を吹き飛ばす10冊。

仕事ができるとはどういうことなのか

四六判/
1,620円/183P

仕事ができるとはどういうことなのか

大川隆法著

無駄をなくし、成果を上げる
仕事に対する常識が一変する書

仕事ができるトランプとできないオバマの比較を読むと、「なるほど、仕事ができるとはこういうことだったのか」と、これまでの概念が変わるはずだ。「よりよい方向に目に見える形で結果を出す」ことが仕事の本質であり、そのためには、目標の数字合わせや長い会議などの無駄仕事をやめ、各人が経営者の意識を持つことが必要だとわかる。また、できる社員の見分け方、人材採用のポイントなどの質疑応答も収録。すぐ実践したくなる役立つ内容が満載だ。

詳細を見る

経営戦略の転換点

A5判豪華
函入装丁/
10,800円/277P

経営戦略の転換点

危機を乗りこえる経営者の心得

大川隆法著

デフレ不況を生き延びるために、
経営者はどうあるべきか

消費増税の導入で、景気の先行きがまったく見えないなか、待望の経営書が発刊された。この危機の時代に経営者が最優先すべきなのは、「倒産させないこと」。だからこそ、企業存続のコストとして利益を出しつづける「黒字体質をめざせ」と説く。そのための経営戦略として、人材論、組織論、帝王学、情報収集、国際化など、大局観から細部にいたるまで、間違いやすい注意点を具体的に指南する。経営者にとっては、誰よりも頼りになるメンターのような書といえよう。

詳細を見る

経営とは、実に厳しいもの。

A5判豪華
函入装丁/
10,800円/
289P

経営とは、実に厳しいもの。

逆境に打ち克つ経営法

大川隆法著

「挑戦」「忍耐」「精進」――
経営とはそのくり返し

消費増税、日銀のマイナス金利導入、株価の乱高下と、経済の見通しが立たないなか、待望の経営指南書が発刊された。中身勝負のソフトウォー時代に、どのような商品やサービスが生き残れるのか。そのアイデアやインスピレーションを得る方法をはじめ、リーダーとしての器の磨き方、逆境の時代の経営法、次代の生き筋など、トップがなすべき決断のヒントが示されている。その1行1行が、まさに闇夜を明るく照らす経営の羅針盤となるはずだ。

詳細を見る

忍耐の時代の経営戦略

A5判豪華
函入り装丁/
10,800円

忍耐の時代の経営戦略

企業の命運を握る3つの成長戦略

大川隆法著

消費増税不況を乗り切るために、
いまなすべき経営とは

「マスコミには出ていない別の『経済動向の読み方』を勉強し、差をつけてほしい」という著者の願いが込められた経営書である。景気の先行きが不透明な「忍耐の時代」に必勝する経営戦略として、他社が進出していない分野に生き筋を見つける「ニッチ戦略」、小さなヒットを打ち続ける「マイクロヒット戦略」、そして一人勝ちの世界を切り拓く「ブルー・オーシャン戦略」の3つを挙げている。この時代を乗りきり、さらに成長するために、経営者必読の書といえよう。

詳細を見る

智慧の経営

A5判豪華
函入り装丁/
10,800円/344P

智慧の経営

不況を乗り越える常勝企業のつくり方

大川隆法著

不況時代を生き抜く「転ばぬ先の智慧」。

どんな時代であっても伸びる企業は、何がちがうのか? 不況を乗り越えるための基本的な考え方から、企業の規模や危機の状況に応じたきめ細やかな経営のヒント、神仏の力を引き寄せる方法まで。多くの躍進企業や成功者たちを輩出しつづける実践的経営学と成功論が、この一冊に。わずか26年で巨大グループ組織を築き上げた著者の経営説法から紡ぎだされた珠玉のエッセンス集。

詳細を見る

繁栄思考

四六判/
2,160円/224P

繁栄思考

無限の富を引き寄せる法則

大川隆法著

あなたが、日本が、大繁栄する秘訣を
大公開。

「富は、肯定するところにしか集まらない」「金持ちに嫉妬する人は金持ちにはなれない」などなど、目からウロコの教訓がズラリ。「格差社会」を声高に叫び、「金持ち=悪人」と決めつけている風潮も、日本が不況から脱せない原因のひとつと諌める。そして、貧乏神よりも繁栄の神に愛されるマインドを持つことが、繁栄への第一歩だと説く。「富の本質」を説き明かし、「成功哲学」や「引き寄せ」の源流といえる一冊。

詳細を見る

不況に打ち克つ仕事法

四六判/
2,376円/296P

不況に打ち克つ仕事法

リストラ予備軍への警告

大川隆法著

不況の荒波を乗り切る方法が、この一冊に。

経済素人の民主党政権により、日本経済は悪化するばかり。増税が追い打ちをかけると、どの会社が倒産してもおかしくないほど、さらに厳しい不況になると警告。そうした時代背景をふまえ、リストラされない方法や失敗しない起業法など、具体的な仕事論を説く。国際金融スペシャリストとして活躍し、大組織を作り上げた著者の経験に基づく経済論と宗教的人間学がミックスされた一級の経営入門書。経営者にもオススメ。

詳細を見る

未来創造のマネジメント

A5判豪華
函入り装丁/
10,584円/380P

未来創造のマネジメント

事業の限界を突破する法

大川隆法著

普遍的理論と実戦で研ぎ澄まされた
実戦経済学。

超円高、デフレ、EUの財政危機……。日本経済が内憂外患に見舞われるなか、孤軍奮闘している経営者に、明るい活路を見出させる実戦的経営書。「創造する経営者の条件」「デフレ時代の経営戦略」「発展する組織論」「不況の逆風を乗り切る方法」など、危機に打ち勝ち、企業が生き残るための方法論が縦横無尽に語られる。経営者はもちろん、組織の永続的な発展を願う、すべての人とって、座右の書となるだろう。

詳細を見る

経営入門

A5判豪華
函入り装丁/
10,584円/388P

経営入門

人材論から事業繁栄まで

大川隆法著

熟読すれば、上場も夢ではない。

宗教家の経営書というのは珍しいが、「商売=人間学」と知れば、宗教家の洞察力は商売繁盛の大きな武器になろう。本書では。会社が発展していく過程において、経営者がつまずきやすいポイントを解説。「トップの器が社運の99%を決める」「経営は人類への愛と貢献である」など、多くの至言にあふれている。この一冊を熟読することで、大企業への成長が期待できるという。経営者にとって、まさに必読の書。

詳細を見る

社長学入門

A5判豪華
函入り装丁/
10,584円/392P

社長学入門

常勝経営を目指して

大川隆法著

厳しい乱気流の時代を、
どう乗り切ればいいのか。

「政治体制そのものが、国の没落を目指す時、社長は、自らの持つ『真剣』に、毎日手入れを怠らないことだ」と厳しいまえがきが述べられている。経済の素人集団である民主党政権下では、努力にも限界がある。しかし、それでも「商機に勝機を見出し、高付加価値企業を練り上げること」が大切なのだ。不況期ほど社長の手腕が問われる。本書は、苦難を勝利に変えるべく、社長のあるべき姿を提示する。

詳細を見る

このページのTOP ▲