TOP>セレクション>世界の要人たちの潜在意識(守護霊)にアクセス!
セレクション

世界の要人たちの潜在意識(守護霊)にアクセス!

世界の要人たちの 潜在意識(守護霊)にアクセス!

守護霊インタビュー 金正恩 最後の狙い

四六判/
1,512円/209P

守護霊インタビュー 金正恩 最後の狙い

大川隆法著

主張に変化の兆しが……
米と中国の包囲網に焦り?

2017年10月11日、金正恩の守護霊が著者の元を訪れ、収録された霊言である。このタイミング(衆院選公示の翌日)で登場したのは、トランプ大統領の来日を前に、立憲民主党や共産党などの護憲勢力の躍進と安倍退陣という筋書きを期待してのこと。「米軍を日本から撤退させたい」との本心が見えてくる。強硬姿勢を崩さないトランプ、アメリカと歩調を合わせる中国。これまでとは全く違う展開によって、追いつめられた独裁者の“最後の狙い”が明かされる!

詳細を見る

文(ムン・)在寅(ジェイン)  韓国新大統領守護霊インタビュー

四六判/
1,512円/265P

文(ムン・)在寅(ジェイン)  韓国新大統領守護霊インタビュー

大川隆法著

核を持つ反日「統一朝鮮」が夢?
過去世はあのイタリアの独裁者!

北朝鮮問題が緊迫するなか、韓国に親北派の文在寅大統領が誕生した。本書では、気になるその本心に迫っている。実現不可能の公約で選挙に勝利したことを認め、「韓国が不幸な原因は、すべて日帝支配のせい」と公言。北の核で日本を脅して経済援助を引き出し、「南北統一」を実現させるという。そして「日本を半奴隷国家に変え、富を貢がせたい」とも。過去世は、なんとあのファシストのムッソリーニ。日本はもはや韓国をあてにせず、自国で国防をすべきだ。

詳細を見る

危機の中の北朝鮮  金正恩の守護霊霊言

四六判/
1,512円/193P

危機の中の北朝鮮  金正恩の守護霊霊言

大川隆法著

ICBMは完成している? 本書で語った
新型ミサイルを5月14日に発射!

4月20日、金正恩の守護霊が著者を訪れ、北朝鮮の戦略を語った。トランプ大統領への敵対心を露わにし、ICBM(大陸間弾道ミサイル)の完成と、アメリカに対する反撃シナリオを示唆。また、金正男暗殺と朴槿惠前韓国大統領罷免の真相、日本でのテロの可能性も暴露している。虚勢なのか、本気なのか、強硬姿勢を崩さないが、本霊言の通り、5月14日には新型ミサイル発射実験を成功させた。この独裁者の野望を挫くため、世界は一丸となって早急に手を打つべきだ。

詳細を見る

「戦えない国」をどう守るのか 稲田朋美防衛大臣の守護霊霊言

四六判/
1,512円/209P

「戦えない国」をどう守るのか 稲田朋美防衛大臣の守護霊霊言

大川隆法著

未曾有の危機に直面した防衛大臣
守護霊はあの海軍大将!

北のミサイルの脅威について、4月には「万全の態勢」と大見得を切った稲田防衛大臣だが、本書ではその“適正”を探ると同時に、脆弱な国防の現実を浮き彫りにする。在韓邦人に退避命令を出さない理由、日本の迎撃能力の限界、憲法改正の足を引っ張るマスコミ、対中戦略の欠如など、何かが起きないと何もできない日本……。その一方で、有事の戦略や軍事知識を披露し、先の戦争の英霊の一人であることを告白。ならばこそ、決死の覚悟で国民を守ることを期待したい。

詳細を見る

ロシアの本音  プーチン大統領守護霊 vs.大川裕太

四六判/
1,512円/197P

ロシアの本音  プーチン大統領守護霊 vs.大川裕太

大川隆法著

完全な失敗だった日露首脳会談
その原因はどこにあったのか

本霊言は、領土交渉が不首尾に終わった日露会談の翌2016年12月17日、プーチン守護霊からの提案で行われた。来日直前のミサイル配備の理由、ロシアの歴史観、日米同盟と平和条約、対中国、米大統領への見解など、これまで知り得なかったロシアの本音が明かされる。それは同時に、“接待外交”で領土返還を目論んだ安倍総理への痛烈な批判でもある。トランプ大統領の登場で世界が激変しようとするいま、日本の外交はどうあるべきか。本書はそのヒントに満ちている。

詳細を見る

ドゥテルテ フィリピン大統領  守護霊メッセージ

四六判/
1,512円/227P

ドゥテルテ フィリピン大統領  守護霊メッセージ

大川隆法著

意外にも聡明でしたたか
超親日の秘密が明らかに

南沙諸島問題で対立する中国に早々と訪問し、2.5兆円もの援助を取り付けた真意とは。オバマには嫌悪感を露わにしていたが、トランプ新大統領とはどうつきあうのか。本書では、米中を天秤にかけながら、したたかな外交をくり広げる、フィリピンのドゥテルテ大統領の本音を探り出している。また、親日の理由を問うと、過去世が日露戦争で活躍した軍人と判明。日本は先入観で判断することなく、南シナ海の平和に向けて同大統領と信頼関係を築いていくべきではないか。

詳細を見る

守護霊インタビュー ドナルド・トランプ  アメリカ復活への戦略

四六判/
1,512円/127P

守護霊インタビュー ドナルド・トランプ  アメリカ復活への戦略

大川隆法著

暴言の裏に隠された、
米大統領への本気度

数々の暴言でバッシングされているにも関わらず、トップの支持率を誇るドナルド・トランプ氏。はたして米大統領にふさわしい人物なのか。本書は、そんな疑問に答える守護霊インタビューだ。物議を醸した「イスラム教徒の入国禁止」をはじめ、テロや移民対策、経済再生、対中ロなどの懸案事項について、大胆かつ慎重な戦略が明らかに。オバマ政権の8年間に失われた「強いアメリカ」の復活をめざすと意気込む。日米の繁栄を掲げる、同候補の挑戦を見守りたい。

詳細を見る

小池百合子 実力の秘密

四六判/
1,512円/157P

小池百合子 実力の秘密

大川隆法著

政治生命を賭けた選挙に圧勝
女性都知事がめざす最終目標とは

リオオリンピックの閉会式で存在感を示した小池都知事。議員を辞めてまで出馬した理由とは何だったのか。本書では「安倍政権下でこの先は望めない。けれどトップはめざしたい」という小池氏の本心を解き明かし、東京都知事選の舞台裏に迫っている。さらに、その際、候補者を公平に扱わなかったマスコミの偏向報道や鳥越スキャンダル、安倍政権への見解も明らかに。組織を持たない女性都知事が、どこまでやれるのか。力量が試されるのはこれからだ。

詳細を見る

緊急・守護霊インタビュー 台湾新総統  蔡英文の未来戦略

四六判/
1,512円/151P

緊急・守護霊インタビュー 台湾新総統  蔡英文の未来戦略

大川隆法著

日本にとってベストな選択
新総統が考える日台関係

台湾大地震の翌日、8年ぶりの政権交代で新総統に就任する蔡英文の守護霊霊言が行われた。北の長距離弾道ミサイル発射で緊迫する中、新総統の親日的な外交戦略を知る絶好の内容となっている。日本の繁栄の基礎は日米同盟にあり、中国からシーレーンを守り、米中接近を阻止するために、日台同盟強化の必要性を強調。もし台湾が中国に取られたら、次は沖縄の危機に――台湾の戦略的重要性を再認識し、日本はこの新総統と協力して東アジアの安定をはかるべきだ。

詳細を見る

中国と習近平に未来はあるか

四六判/
1,512円/195P

中国と習近平に未来はあるか

反日デモの謎を解く

大川隆法著

日本の平和ボケと中国の日本占領戦略

いま、世界各国でデモが続発している。中東での「反米デモ」。中国での「反日デモ。」そして、日本国内での「反原発デモ」。一見、無関係に見えるが、すべて中国の次期国家主席である習近平が仕掛けていた! この戦慄の事実を明らかにしたのが、本書だ。尖閣問題によって、国防危機が現実となった、いま。政府をはじめ、マスコミ、官僚、自衛隊、知識人、そしてすべての日本人に著者は警告する――新しい「元寇」に備えよと。

詳細を見る

このページのTOP ▲